今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

私は小さい頃は

■ 女性 49歳
私は小さい頃は、父の転勤で引越しが多く、色々な住まいを経験しました。

出生から数えると、始めは下宿のようなところで住んでいたそうです。
そして、両親はすぐに平屋のマイホームを建て、庭も広く快適に数年住んでいました。
そしてまた転勤になり、一軒屋の1階と2階に二世帯のように同じ会社の人と住み、お風呂は共同でした。
同じ年の子がいたので、とても仲良くしていて良かったそうです。

そして次は、初めてのアパート住まいで、3階だったので活発な妹がタンスから飛び降りると、2階から苦情が来ました。
次は平屋で広かったのですが、あまりにも古かったので湿気が多く、夜中トイレに行く時廊下にナメクジがいて踏み潰し、それからナメクジ恐怖症になりました。
湿気は最悪です。

そしてまた両親が建てた家に戻ったのですが、当時は感じなかった近所の干渉、古いしきたりに入っていけず、両親は今までの住まいの経験から、病院も近く買い物も便利で近所もある程度の距離を保てる関係の町内で、とても快適に暮らせる、現在の家を建てました。
とても満足しています。

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.