今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

私が考える住まい環境で

■ 女性 44歳
私が考える住まい環境で、一番重要なことと言っても過言ではない事とは、既に出来上がっているコミュニティーの存在の無い事です。
古い街で、周りは皆、昔からのお馴染みさんであると言う所へ定住する事は、勇気がいる事です。

今の住まいは、広大な土地を区画整理し、全ての土地は正方形や長方形で大小ありますが、大体が同じ位。一斉に土地の売り出しがあったので、ご近所さんになる人は、誰でもその土地が初めての人ばかりでした。

近所にある町内会を参考にしながら、皆で街を作って、そんな感じでした。
どの人も初対面同士となると、皆仲良くやっていこうという気持ちを持っているので、うまくいくと思います。
\\交通の便が良いとか、勿論そういったことも住まいの条件には重要ですが、全てが新しく、古いしきたりが無く、皆で少しずつルールを作り、ダメなら改善し、より良い街を作っていきましょうという、全員がそんな気持ちで居られる新しい街。主婦の身としては、これが一番大切です。

注目の情報

  • 学生会館をお探しの方、こちらをチェック!東京の取扱シェア44.1%。

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.