今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

転勤で地方を渡り歩いている私は

■ 男性 34歳
転勤で地方を渡り歩いている私は、基本的に単身赴任のことが多く、アパートやマンションでの暮らしが長くなっています。
私が今思うのは、一番住んでいて良かったと思えた、実家の一戸建てのことです。
私は生まれてから、大学生になるまでその家で過ごし、非常に思い入れがありました。
これは、その住居が住むにふさわしい条件を、いくつも持っていたからです。

当時、子供ながらに斬新と思ったのは、一階と二階の両方にトイレと洗面所があることで、朝の忙しい時間帯にトイレに入れないことがないようにしていました。
また、台所が当時珍しかったシステムキッチンを採用していて、非常にきれいだったことが、生活の質を上げていたのです。

衣食住の中でも、住環境はとても大事だと、子供ながらに実感していたので、マイホームを建てるならば、こういった良い環境が整っている家にしようと、いつも考えています。それは、子供の頃の経験に基づく物があり、私にとって非常に利益になる面があるのです。

注目の情報

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.