今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

衣食住といいますが

■ 女性 39歳
衣食住といいますが、私にとってはその中でも住環境は、かなり重要なポイントを占めています。
今まで一番住んで良かったのは、実家を離れての一人暮らしで暮らした、都会のマンションでした。
都会暮らしは憧れてはいたのですが、最初は家賃がべらぼうに高いのではとか、治安が悪いのではとか、色々と危惧していて二の足を踏んでいたのですが、探してみると、駅近でターミナル駅にも自転車で行けるような立地であっても、その周辺にはちゃんと住宅街が存在し、昔から生活している人達がいて、生活に密着したスーパーなどもあり、きちんとした住環境が整っていることを知ったのです。

そして、昔ながらの物件であれば、賃料も意外に安くて、払えない金額ではないというのも驚きでした。
そうやってみつけた2DKのマンションは、築40年ととても古い物件でしたが、それだけに鉄筋コンクリ−トでしっかりした作りになっており、オートロックではないけれど、管理人さんが住んでいるので、とても安心して暮らせる物件でした。

何より、自転車や徒歩で移動ができるので、交通費が浮く分、暮らしぶりも良かったです。
私にとって良い住まいの環境は、都会の古いマンションだったと、今でも思っています。

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.