今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

快適な私生活を送るのに、住まいの環境はとても大切です

■ 男性 44歳
快適な私生活を送るのに、住まいの環境はとても大切です。
より良い環境の住まいは、人によって条件も違うと思いますが、私が今までで一番住んで良かった住まい環境の条件は、やはり自宅と職場が近い環境が、住みやすかったです。

以前の会社に勤めていた時に、短い間ですが社宅に住んだことがあり、場所も出勤場所の目と鼻の先で、残業が多い仕事だったので、仕事をする上ではとても住みやすい印象が残っています。
その社宅に入る前は、出勤先と自宅との距離が大変離れており、通勤も自動車を使用しないと不便な場所で、毎日1時間以上かけて通勤していました。
往復で2時間以上かかるので、忘れ物などをしたら大変な上、戸締りや火の始末が気になる時に、一旦戻って確認ということもままならないというのが、意外とストレスに感じたことをよく覚えています。
社宅に住んでいる時は、このような際は近いということで、いつでも自宅を覗くことが出来、何かと忘れっぽく心配性な私にとっては、とても快適な生活環境に感じられたのを今でも覚えています。
独身者はもとより、今は共働きの夫婦なども多く、家も留守にしがちになるので、仕事先と自宅が近いということは、良い住まいの条件に当てはまる人も多いのではないでしょうか。

注目の情報

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.