今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

住む場所の条件は

■ 男性 30歳
住む場所の条件は、人それぞれあり、私自身にも幾つか住まいの条件はあります。「賃料」、「機能面」、「広さ」です。

今まで一番住んで良かった住まい環境は、新築マンションであり、8階の一室で、部屋からは日本のシンボル富士山を見る事が出来ました。
また、マンションの1階に不動産屋、そして2階〜3階は大家が住んでいる所も魅力の一つであり、何かあった時に直ぐに相談しに行かれたので、非常に助かりました。

物件を探す際には、築年数は条件として入れないのですが、その物件を決める際には、築年数を条件として入れていました。
築年数が浅い事から、機能面に優れていると言う事が考えられたからです。

例えば、築年数1〜5年と10年〜15年を比較すると、IH対応やウォシュレット付き便座など、設備の差が出てくるので、最近では条件として築年数を見る様にしています。
他に気にする事(条件)は、部屋の広さです。
部屋は住む上である程度広くないと、と言う気持ちがあるので、部屋の広さは条件としてあり、以前住んでいた部屋は、この広さと言う条件もクリアしていたので、最高の物件だったと、今では感じております。

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.