今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

今まで色々なところに、仕事の関係で住んできました

■ 男性 41歳
今まで色々なところに、仕事の関係で住んできました。

自分で賃貸物件を見つけるたり、会社が手配してくれる物件に住んでいました。
今までで一番住んで良かった住まい環境は、三重県鈴鹿市に住んだ時のアパートで、割と広かったので気に入っています。新しいとは言えない物件でしたが、今まで狭いワンルームにしか住んでいなかったので、部屋が2つあり、トイレ、浴室が別の物件は、私にとってとても良い物件だと感じました。
浴室も広くて、窓があり明るく、気持ちよくバスタイムを過ごしたものです。
このアパートは、会社が手配してくれたものですが、首都圏の家賃相場に慣れてきた自分にとって、鈴鹿市での手頃な家賃にも嬉しく思ったものです。

良い住まい環境の条件は、やはり適度に広さがあることだと思います。狭すぎると家財でスペースを埋め尽くされてしまい、窮屈に感じますから。また、鈴鹿市で住んでいたアパートは、近くに大型ショッピングセンターがあったのも、一番住んで良かった部分と言えると思います。

注目の情報

Copyright 2018 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.